マネトラ

これからのお金と仕事と転職について

仕事・転職

「実は結構多い」職場で放置される派遣社員!放置する理由と対応法

更新日:

「派遣で入った職場だけど、もう3ヶ月以上放置が続いている」
「誰も仕事を教えてくれないし手伝ってもくれない...」

派遣社員として働くとこういう事がよく起こります。

勤務前に聞いていた情報と違い、いざ入ってみると全然仕事がなくて放置され続けたり、だれも仕事を教えてくれなかったり

「仕事が忙しいから派遣社員を雇ったんじゃないの?」と思ってしまいますが、何故かこのような仕事がなく放置されるケースはよく起こります。

僕も派遣として務めていたことがありますが、最初の1ヶ月くらいはほとんど放置されていました。

放置されるというのは、仕事の指示が無いわけなので、毎日やることがない状態です。朝会社にいくと、「さて、今日はどうやって時間を潰そうか…?」と考える毎日です。

社内のメンバーとのコミュニケーションもないので、下手をすると、朝と帰りの挨拶以外、声を出さないようなことも有りました。

放置されることはストレスになる

放置されてるというと、忙しいビジネスマンから見れば「羨ましい~!」と言われますが、実はかなり精神的にきつい状態でした。

会社で放置されることはかなりのストレスになります。周りの人は忙しそうに仕事をしているなかで、1人だけ仕事が全くないのです。

「楽でいいや~」と思っていたのは最初の1週間くらいで、退屈すぎて暇疲れを起こしたり、自分だけ仕事をしていないことによる罪悪感でだんだんと病んでいきます

多少忙しくても、誰かの役に立っていると感じられる方が精神的に安心できるものです。

僕は暇してると思われるのが辛くて、仕事をしているふりをしていたのですが、これがまた辛いんです。忙しそうにしてみるけど実は何もしてないわけですからね…。「自分は何やってるんだろう…」という情けない気持ちになっていたのを覚えています。

暇すぎて辛い方はこちらの記事も参考になります。

仕事が暇で辛い人必見!仕事が暇のときの正しい過ごし方 

「会社に行っても、朝から何もすることがなくて不安になる」 「無理やり仕事してるように見せているけど、実はネットサーフィンしてるだけ」 そんな悩みを感じるくらいの暇な仕事したことありますか?僕は1年程そ ...

続きを見る

放置される状況はなるべく早く抜け出すことが大事

放置される状態が長く続くと、精神的にもよくないですし、自分の将来にとってもあまり良い結果を生みません。

会社でも20代なら20代の、30代であれば30代の能力が求められています。人は成長し続ける必要があるんです。

ですが何もしていないとなると、当然ながらスキルが身につかないので、自分の脳力も上がっていません。むしろ、サボることに慣れてしまうとなかなか本気で取り組めなくなりますし、年もとっていくのでマイナスです。

なるべく早く、放置されているという現状から抜け出すことを意識することが大切です。

派遣社員が放置されるメカニズム

仕事が忙しくて派遣社員を入れたはずなのに、なぜ放置されるということが起こっているのでしょうか?派遣社員が放置されるメカニズムを知ることで、その対応策というのも見えてきます。

派遣社員は使い捨てと考えられている

正社員にとって派遣社員は「使い捨ての労働力」と考えられているふしがあります。最悪、辞めてもらってもすぐに新たな派遣はやってきます。

そもそも会社に長くいてもらおうという気持ちもあまりあせません。

本来は仕事が極端に多すぎたり、少なかったりするとモチベーションが下がるので、上司は均等に仕事をやってもらうように努力しますが、派遣社員は別に辞めてもらってもいいのでそこまで気にされません。

むしろ、自社の正社員をしっかりと育てるために、正社員をメインに仕事を遂行してもらい、余ったら派遣にやってもらうくらいに考えている傾向が強いです。

ですので、仕事量が少ないと派遣社員には仕事が回ってこなくなりますし、多少忙しくても、正社員に経験を積ませることを重視して、派遣にまで回ってこないということもあります。

ビジネスとして考えれば、自社の社員を優先に考えるのは当たり前のことです。会社の利益が最優先ですから、正社員には優秀になってもらいたいし、長くいてもらいたいですからね。

そう考えると、日本の派遣社員そのものが、仕事が少なかったり放置されたりしてしまいがちな環境ということが出来ます。

会社が忙しい

忙しい会社にはいると放置される可能性は高いです。

忙しいから派遣を雇ったはずなのですが、なぜか正社員ばかりが忙しそうにして、派遣の人が手持ち無沙汰で気まずそうにいているのをよく見ます。僕も同じ様な経験をしました。

なぜこのようなことが起こるのかと言うと、正社員が忙しすぎて、派遣社員に手取り足取り仕事を教えているヒマがないことが主な原因です。

本当だったら、教えることに多少時間がかかっても、派遣社員に仕事を覚えてもらって一緒に仕事を進めた方が効率が良いはずですが、目の前の業務に追われそんな余裕がありません。

仕事をイチから教えるというのはかなり時間もエネルギーもかかることなので、気持ちはわからないこともありません。

結果、暇を持て余した派遣社員は早々と辞め、正社員の忙しさは改善されず、また新しい派遣が入ってきても教えてあげられないという、負のループが回り続けることになります。

根本的に解決するには、一旦仕事が遅れてでも派遣社員に仕事を覚えてもらう事に集中しなければならないということに気づいていないとこのようなことになります。

会社が派遣社員の扱いに慣れていない

会社によっては派遣社員の扱いに慣れていない職場もあります。

派遣社員というのは一般の社員からみれば、急に入ってきた外部の人間です。一番緊張しているのは正社員の中にポッと入った派遣社員の方ではありますが、慣れていない会社では正社員のほうも結構緊張しているものです。

会社に入ってくる新入社員の扱いには慣れていても、派遣社員となれば全然別物ですよね。一応派遣会社の社員なので別会社の人ということになりますし、どこまで気軽に話していいものかも最初はよくわからないものです。

そうなると、どう接していいのかわからず、本当はやってもらえることがあったのに遠慮してしまう、ということが発生します。

徐々に派遣社員に慣れて、マニュアルなどが整っていけば少しずつ改善していくはずですが、今すぐには改善は見込めないでしょう。

派遣で放置された時の対応方法

派遣社員が放置される理由は上記であげたようなことがほとんどですが、大切なことはそれを知った上でどう対応していくかです。

全てを実行するのは難しいのですが、自分の環境にあったものを1つでも行動に移されば、状況を改善することに繋がります。

「強めに主張する人間」だと思わせる

正社員の人たちは自覚してようがしてまいが、派遣社員を格下に見てしまいがちです。自分たちが「派遣社員を使ってあげている」という意識が、社員全体の心の奥にあります。

人は格下だと思う相手に対してはかなり失礼な態度を平気で取れてしまうものです。派遣社員をなめているから、「派遣だから放置しといてもいいや…」と考えてしまうのです。

ですので、そういう扱いを受けていることを感じたら、少し強めに主張をしてみるのも一つの手です。

「先日も同じことを言いましたが、今日も仕事がありません。いつになったら来ますか?」

などと、ちょっと強い言葉で伝えてみましょう。相手が「あ、この人はちゃんと主張する人だ…」と思えば成功です。

意見を主張しない人間に対してはどこまでもつけ込んでくる人が多いので、一度強めに主張することで、格下と見られるのを防ぐ狙いがあります。

ただしあまり強くい言い過ぎたり、頻繁にやりすぎると「扱いづらい人」になってますます仕事が来なくなってしまうので、ここぞというときに出すようにしましょう。

積極的に仕事をもらいにいく

放置されるような職場では、黙っていたらずーっと仕事が来ません。

仕事がない時間が長く続くと、無駄な時間を過ごしているような気がして精神的にあまり良くないのは前述したとおりです。

ですので、ちょっと強引でも積極的に仕事を貰いに行きましょう。もしかいたら相手が遠慮しているか、こっちに仕事がないのを気づいていないだけなのかもしれません。

僕の場合は素直に

「手が空きました。何かやることはありますか?」と聞いていました。これを言う時は申し訳なそうに言うのではなく、明るく元気に話しかけるようにしましょう

放置されて仕事をしていないと悪い事をしているような気がしてきますが、悪いのは会社の管理能力不足です。あなたが罪悪感を感じる必要は全くありません。

また、仕事がないと気分が暗くなってきますが、仕事を貰いに行くときは極力明るく振る舞うようにしましょう。暗く話しかけてくる人に良い印象は持ちませんし、「この人に仕事任せたらめんどくさそうだな!」と思われてしまったらもったいないことです。

明るくはなしかけることで、担当者やその周りの人たちからは「あ、この人は明るい人だ」と思われたら、そこからいいコミュニケーションが取れるようになる可能性もあります。

こういう事を繰り返していくと、相手としては仕事が発生したときに、「あ、そう言えば手が開いてるって言ってたな…」と思い出してくれ仕事が徐々に回ってくるようになることでしょう。

割り切って考える「図太さ」も必要

いろんな改善策を実際にやったとしても、すぐには変わらないかもしれません。そういう場合は、完全に割り切って考えて、仕事がないことをポジティブにとらえられるようになりましょう。

「何もしてないのにお金が入ってきてラッキー!」

と考えるようにするのです。

真面目な人ほどこの様な考えをすることが難しいかもしれません。でも、仕事が来ないのは会社の管理能力不足なので、あなたが罪悪感を感じる必要は全くありません

仕事が無いことを耐えているのは苦痛なものです。その苦痛の対価だと考えてありがたくもらっておきましょう。

僕の場合は、「手が空きました、なにかすることはありますか?」と聞いて何もないとなったら「では何か勉強してますね~」といって、自分の勉強をしていました。

もちろん業務に多少関係のあることです。完全に関係のないことだと周りの社員の手前、やってていいですよと言いづらいのが上司の心情です。

ちょっと関係ある範囲の勉強であれば、上司としても何回も「手が空きました」と言われるより楽なので認めてくれるものです。

そうやって仕事がない時は、「自分自身のスキルを身につけしかもお金がもらえる期間」と割り切って捉えることでポジティブに過ごすことが出来ました。

ゆくゆくは転職しよう

対応方法をお伝えしてきましたが、ゆくゆくは正社員に転職を検討したほうがよいでしょう。

現在は正社員の有効求人倍率が1.6倍に達しました。有効求人倍率が1.6倍というのは、160人分の仕事がある状態に対して、仕事を探している人が100人しかいない状態です。

○平成30年5月の有効求人倍率は1.60倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。
○平成30年5月の新規求人倍率は2.34倍で、前月に比べて0.03ポイント低下。

参照:厚生労働省「一般職業紹介状況(平成30年5月分)について」

つまり働き口がたくさんあり、敢えて条件の悪い派遣社員を選ばなくてもにしなくても、高待遇で迎えてくれる正社員の求人がたくさんある状態です。

正社員といっても、今は転職する人が増えてきたので、合わない会社に入ったらすぐに転職していく人も多いです。昔のように入ったら少なくとも3年は黙って働くという時代ではありません。1年単位でどんどん転職していきます。

別に派遣にこだわる必要性というのはあまりなくなってきてるんです。

派遣社員はなにかと損

派遣社員は給料の一部を派遣元の会社が手数料として徴収しています。大体、手数料は25%~30%と言われていますので、給料の30%は派遣会社に天引きされています。

しかもボーナスもなく、昇給もほとんどありません。僕が務めていた会社に関しては交通費がでないので全ては自腹でした。

また、今後の転職ということを考えても、派遣社員の期間はあまり実績として認めてくれない場合が多いので、ステップアップにも繋がりづらいです。

それでいて周りの正社員から格下に見られてしまいがちです。

冷静に考えてみると、かなり待遇は悪いんですよね。

正社員に転職することで、あなたの持つ能力を最大限に発揮することが出来るようになれば、自分が気持ちよく仕事ができるだけでなく、会社からも評価され、給与もアップすることに繋がります。

まずは早めにサイトに登録だけでもしておく

「いますぐに正社員に転職は…」

と考える方もいると思いますが、なるべく早い段階で転職サイトに登録だけでもしておくほうが良いです。正社員に転職するかしないか決まっていなくても転職サイトに登録しておいた方が良いことがたくさんあります。例えば

  • 自分の市場価値を知ることができ、自信がもてる
  • いざ、転職となったときのイメージが掴める
  • 転職出来るという気持ちから、今の仕事に対して余裕がもてる

などです。

ちなみに「仕事を辞めてから転職活動を始めればいいや」という考えはかなり危険なので辞めておくべきです。給与のない期間は自分を想像以上に焦らせ、中途半端な転職先になってしまいます。

余裕のない状態での判断はだいたいうまく行きません。「仕事をしながら転職活動も同時に行う」というスタンスが一番賢いといえるでしょう。

どうやってまともな会社をみつけるか?

どうやってまともな会社をみつけれ良いのでしょうか。面接までして受かった会社がブラック企業だったりしたら、時間の無駄になっていまいます。

そういう場合におすすめなのが、転職先の内情をよく知る「転職エージェント」というサービスを使うのがいい方法です。

転職エージェントとは、転職の相談や、求人紹介、面接の日時のセッティング、給与の交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスです。

自分1人の力では、転職先の昇給額や昇給の頻度などを知ることは出来ません。その点、転職エージェントであれば、しっかりとある程度の内情を知っているし、聞きたいことがあれば代わりに聞いてくれますので、入った後に後悔するようなことは少なくて済みます。

また、煩わしいアポを取ったり、転職先がブラックかどうか調べるなどの作業から開放されて、代わりに転職のプロがセッティングからサポートまで行ってくれます。非公開求人があったり、企業の内情に詳しかったりするので、あなたが望む仕事につける確率が大幅に上がります。

しかも転職エージェントの費用は、採用した企業が払う仕組みです。転職希望者は完全に無料で使うことが出来ます。無料なので、利用することにリスクはありません。どんどん使ったほうが良いでしょう。

いくつかサービスが有るのですが、基本的に超大手のリクルートエージェントマイナビエージェントに登録しておけば間違いありません。

IT系に行きたい人は、ITに特化したワークポートにも登録してみましょう。

定番の転職エージェント

まとめ

派遣社員が放置され仕事がないというのは残念ながらよくある話です。

派遣社員を放置する理由としては以下のような点があります。

  • 派遣社員は使い捨てと考えられている
  • 会社が忙しい
  • 会社が派遣社員の扱いに慣れていない

そして派遣社員を放置するような会社の対応方法は以下のようなことが考えられます。

  • 「強めに主張する人間」だと思わせる
  • 積極的に仕事をもらいにいく
  • 割り切って考える「図太さ」も必要

そして今の時代、正社員も受かりやすく辞めやすい環境になってきているので、派遣社員として損をしているより、正社員を目指しましょう。その際はエージェントを使って、自分の条件にあった職場を無料で見つけてもらいましょう。

少しでも参考になりより良い人生を送られることを願っています。

-仕事・転職

Copyright© マネトラ , 2018 All Rights Reserved.