マネトラ

これからのお金と仕事と転職について

仕事・転職

仕事が退屈でつまらない人へ! 仕事を劇的に楽しくする方法

更新日:

「毎日同じ仕事ばかりで成長している気がしない」
「家と会社の往復だけの人生の感じがして不安を感じる」

そんな思いを抱えながら日々を過ごしていませんか?

実は僕も、28歳位の時、毎日退屈でつまらない仕事だなと感じながら会社に通っていました。

辞めたい気持ちは少しあるけれど、なかなか踏み出すことが出来ませんでした。そうこう悩んでいる間にまた夜が明けていやいや会社に出勤する。こんな日々の連続でした。

忙しいのが好きなわけではないけれど、退屈な仕事を続けるというのがこんなに辛いということを初めて知りました

毎日ストレスを感じるだけでなく、こんな仕事を続けていて大丈夫だろうか?という将来への不安でいっぱいでした。

そんな生活は早く抜け出したほうがいい

もしあなたが今仕事がつまらないと感じながら毎日をすごしているのだとしたら一刻も早くその状況を改善したほうが良いです。

なぜなら人間はそんな環境の中では平常でいられないことを身をもって経験しているからです。自分でも気づかないうちにどんどん精神的に追い詰められていきます。

僕自信、毎日つまらない仕事を続けていた結果、心が少しずつ病んでいき、気がつくとネガティブでなんの夢もない暗くて惨めな、自己嫌悪の塊みたいな人間になっていました

毎日つまらない仕事をしている自分を、自虐的に否定しているうちに本当に自分が嫌いになり、自分がとてもだめな人間だと心から思う様になってしまっていたのです。

こうなると自分の性格も大きく変わり普通のコミュニケーションすらとれなくなっていました。具体的には、

  • 人が怖くなり話しかけられない
  • 自分は悪くないのにすぐに謝る
  • 人と目を合わせられなくなる
  • 人前だと震えて話せなくなる
  • 常にネガティブに考える

「つまらない仕事をして、つまらない人生を毎日すごしているな」という自己否定が続くと、本当に自分に自信が持てなくなっていきこのような人間に変わってしまうのです。

幸運にも今はこういう状態から抜け出して楽しく暮らしていますが、この症状が更に進んでいれば、うつ病になったり、最悪の場合、自殺してしまったりという結果につながってしまっていたかもしれません。

仕事で人生は変わる

僕がそうであったように、しっかりと仕事を楽しめるようになると、自信を取り戻し性格もポジティブなっていき生き生きとした生活をが出来るようになります。

自己否定してまうような生き方にするか、ポジティブに自信が持てるような生き方にするのか。仕事は人生のかなりの多くの時間を使うので、大げさではなく仕事によって人生が大きく変わってきます。

「そんなこと言ったって仕事がつまらないんだからしょうがないじゃん」

と思う気持ちよく分かります。仕事ってつまらないものだと僕も思ってました。出来れば仕事はしたくないとずっと思ってました。

それは僕やあなただけでなく世間でも多くの人が思っています。一生仕事が嫌で嫌でしょうがないという気持ちのまま過ごしていく人もたくさんいるでしょう。

でも、沢山の人が仕事がつまらないと悩んでいる一方、しっかりと仕事を楽しんでいる人もいます。

仕事を楽しくする方法

この違いはなんなのか?どうすれば僕も仕事を楽しむことが出来るのか?必死に考えた結果、仕事を楽しんでいる人にはある共通点があることが分かってきました。

これからそれをお伝えしていきます。それを実践することで僕自身、仕事を楽しむことが出来るようになり、人生が好転していきました。ぜひ実践してみて下さい。

主体的に仕事をしている

主体的に仕事をすることが仕事を楽しくするコツです。主体的とは「活動の中心となるさま。自主的であること」を指します。

言われた仕事を言われたとおりにこなす、これだと仕事が楽しいはずがありません。どうしても嫌々やらされてる感がでます。

ですから自分で考え、自分なりの工夫を加えて仕事をするようにするのです。仕事を他人事ではなく自分ごとのように考えるイメージです。

例えば、「このサイトのここを直しておいて」という簡単で小さい仕事が来たとします。言われた通りにやるとすれば、指摘された箇所のコードをちゃちゃっと直して終わりです。これはこれで間違ってはいません。

でもこれを主体的に、自分ごととして考えればもっとやれることは出てきます。例えば自分がサイトを運営している立場だとしたらもっと必死に考えるはずです。

  • なぜここを直す必要があるのか?直すことにより得られるメリットとデメリットは?
  • ここと同じような修正点が他の箇所にあるのではないか?
  • 他のサイトでは大丈夫だろうか?
  • なぜこのようなことが起きてしまったのか?
  • 次からこのようなことが起こらないようにするためにはどうすればよいのか?

といろいろと疑問は生まれてきますよね。

言われたとおりにやってただけでは出てこない疑問点ばかりです。これが非常に大切なことで、こういったことの繰り返しで自分で考える力が付いていきますし、なにより仕事を楽しむことにつながっていきます。

そして報告の際に

「ここを直しましたが他にも、こことここに同じ様な現象が起こっています。対応したほうが良いですか?」
「再発を防止するためにこのようなことを実施すればと思いますがいかがでしょうか?」

など、毎回1つは提案してみるようにしましょう。

対応するかしないかは上司が判断することなのでどうなるかはわかりませんが、あなたが真剣に考えたその経験は必ず今後役に立ちます。考える力も磨かれますし、周りからの信頼も得ることが出来るでしょう。

何より本気で仕事をしているんだという充実感を得ることができ、自分に自信がついていきます。本気で仕事をするのは楽しいことなんです

「つまらない」と思いながら漠然と仕事するのと、真剣に考えて本気で仕事をするのとでは充実感がまるで違います。

嫌だ嫌だと思ってもどうせやらなければならない仕事なら、考え方を変えて主体的に取り組むことで仕事は格段に楽しいものに変わっていきます。

情報発信すると主体的になれます

簡単に主体的に仕事に取り組める方法として、情報発信するのは良いアイディアです。

仕事で学んだことやノウハウをブログでもいいし、サイトやツイッターでも何でも構わないので、誰かに教えるように発信することで、主体的に仕事に取り組むことが出来ます。

あなたもネットで誰かの記事を読んで「なるほど!」と思ったり「がんばろう」と力をもらったりしたことがあるのではないでしょうか?

それと同じようにあなたが学んだスキルやノウハウを発信すれば、世の中の誰か数人だけかもしれませんが、とてもありがたい情報になることだってあるのです。

「誰かの役に立つかもしれない」という意識を持って仕事に取り組むことが出来れば、どんな単調な仕事でも真剣に向き合うことが出来ます

しかも学んだことをアウトプットすることで自分自身の理解も深まるので一石二鳥です。

僕は主にWEBの情報やノウハウを発信していました。意識すれば毎日学びでいっぱいですごく成長することが出来たと感じています。

サイトでの情報発信は丁寧に継続していけば訪問者の数も増えていきます。訪問者が増えれば広告を貼ることである程度の収入も得ることが出来てしまいます。100記事も書けば、毎月1万~10万くらいの副収入につなげることも全然可能です。

常にメモをとろう

仕事中でも常にメモ帳ソフトを立ち上げて、今何に迷ってどう行動したのか逐一メモるようにしています。そうすることで情報発信のネタは仕事が終わるとだいたい出来上がっています。

「そんなメモを作っていたら仕事がおろそかになるんではないか?」と思う方もいるかも知れませんが、実は逆でかなり効率化します。

頭だけで考えていると、思考は同じ考えを堂々巡りのようにぐるぐる周り、結論をだすまでに余計な時間がかかっていることが多いです。

それをメモなどで言語化すると、どんどん思考を進めていくことができるので、物事を考えるスピードが格段に上がります。仕事も早く正確に終わらせることが出来るようになります。

しかも、毎日帰る頃には情報発信のネタが出来上がっています。やってみればわかりますが、これを毎日やっているだけで、仕事にはりが出てが楽しくなるだけでなく、成長のスピードが数倍にあがるのでおすすめです。

人間関係を良くするための学びの場と捉える

「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」

これは有名な心理学者、アドラーの言葉です。

人の悩みの全ては人間関係の悩みであると説いた大胆な言葉ですが、それだけ昔から多くの人が、人間関係で悩んでいるという証拠であると思います。

特に職場という狭い環境のなかでは人間関係の問題が多く多発します。職場の輪に入っていけない、中の良い同僚がいない、どうしても嫌いな人がいる、などなど悩みはつきません。

もしあなたが、職場の人間関係が良くないと考えているのなら、しっかりとした人間関係を築くことも仕事の一部であるということをまず認識する必要があります

どんな会社に行っても人間関係はついて回る問題です。だったら今の職場を人間関係についてのスキルを上げる場として捉え、良好な関係を築く努力をしてみてはいかがでしょうか?

そう考えると、課題がたくさん見えてくるはずです、相手の特性、趣味や興味はどこにあるのか知り、適切な言葉でコミュニケーションをとる。これはやってみると分かりますが、結構大変で最初のうちはどんな仕事よりも難しく感じるかもしれません。

でもこれが出来るように慣れば今の職場が楽しくなるかもしれないし、ならなかったとしてもこの経験から得たスキルはどこの職場に行っても役立つはずです。

僕は会社のメンバーの特徴や話したことを全てオンラインのメモ帳に書いていました。

iphoneからいつでも見られようにしておくことで、前話したことを思い出すことが出来ますし、次はこのことについて聞いてみようというふうに前もって話題を決めておくことで円滑にコミュニケーションを取ることが出来るのでおすすめです。

仕事を楽しんでいる人を観察すると、人間関係の大切さを理解し、偶然良い関係が築けたわけではなく相当の努力を積んで今の関係性を築いているのだということが分かってきます。

良い人間関係を築くことも仕事です。少しずつでも改善していくようにしましょう。

自分の得意分野や適性と合っている

適材適所という言葉がありますね。

人間誰しも得意、不得意があります。僕の場合は、お客様に多く会う様な仕事は苦手で、接客や営業などは少しやっただけですごいストレスになります。

一方でデザインやコーディングのようなクリエイティブで黙々とやる仕事は時間を忘れて没頭するほど苦になりません。多分そういう仕事が向いているのだと思います。

みんなで協力しあって仕事をするのが好き!という人もいれば、ある程度個人の裁量で進められる方がいいという人だったいます。

人にはそれぞれ特徴があって、その事自体に良い悪いは無いのですが、仕事となるとそれが強みになったり、逆に弱みになってしまったりします。

僕のような1人で黙々と仕事をしたい人が、トーク術で仕事を取るような営業でうまくいくとは思わません。人一倍がんばっても人より悪い成績になって会社にも迷惑をかけてしまうのではないでしょうか?こういう特徴に合わない仕事は自分も会社もどっちも幸せになれないという結果を生んでしまう可能性が高いです。

そう考えると、仕事を楽しむためには、自分の特徴が活かせる仕事を選ぶことがすごく大切なことが分かります。

自分の特徴はなんなのか?それを強みとして活かせる仕事ってなんだろう?そういう風に考えると、今の仕事が自分に向いているかどうか見えてきますよ。

上司に相談してみる

自分の仕事がつまらないなと毎日思っているのなら、素直に上司に相談するのも1つの手です。そもそも上司はあなたに恨みがあってつまらない仕事をさせてるわけではありません。

基本的には、あなたにもその他の人にも気持ちよく生産的に仕事をしてもらいたいと思っています。ですからしっかりと自分の気持ちを話せば、上司としても出来る限りの対応をしてあげたい思ってくれます。

ほとんどの人は、仕事がつまらないと悩んでも上司に相談することはありませんよね。

でも僕の場合は相談して仕事内容が変わったこともありますし、逆に部下に相談されて部署を異動してもらったこともあります

ちょっと嫌な仕事だからやりたくない!とか言う理由であれば、言われた方もむっとなりますが、しっかりと考えた結果、こういうことをやって行きたい!というポジティブな理由であれば悪い印象は持ちません。

会社や部署によってはどうしても変えられない部分もあるので絶対に解決するわけではありませんが、一度直接相談してみてはいかがでしょうか。

それでもだめなら転職しましょう

人には向き不向きがあると話しました。

どんなに主体的になろうとしても、仕事を一生懸命やって楽しもうとしても、どうしても自分には向いていないと思うのであれば思い切って転職しましょう。

誰だって、自分に向いている仕事がなんなのか?なんてことはなかなかわからないんです。ですからやってみて、向いてないと分かったなら、それは成長です。学んだことを次に活かすことができれば失敗ではなく良い経験となります

また、会社がブラックだったとか、理不尽な扱いを受けているというような、理不尽な苦痛を感じているのであればなるべく早く転職しましょう。

5割の人は転職で成功している

厚生労働省の調査では転職して満足している人は5割~6割という結果があります。(参照:平成 27 年転職者実態調査の概況https://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/08/h0808-2.html#4)

それだけ転職によって良い人生を掴んだ人がいるってことですね。

ですが、逆に言えば4~5割の人は満足していないということにもなります。転職したのにブラックだったり、結局つまらない仕事だったり。残業代が出ないのにサービス残業を強要してきたり。

悲しい話ですが、そんな企業はまだまだたくさんあります。採用情報を見ただけではわからないのことがたくさんあります。

では、ブラック企業を避け、あなたの望むような職種に就くためにはどうしたらよいでしょうか?僕のおすすめは転職のプロである転職エージェントを使うことです。

転職エージェントとは、転職の相談や、求人紹介、面接の日時のセッティング、給与の交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスです。

自分1人の力では、転職先の昇給額や昇給の頻度などを知ることは出来ません。その点、転職エージェントであれば、しっかりとある程度の内情を知っているし、聞きたいことがあれば代わりに聞いてくれますので、入った後に後悔するようなことは少なくて済みます。

また、煩わしいアポを取ったり、転職先がブラックかどうか調べるなどの作業から開放されて、代わりに転職のプロがセッティングからサポートまで行ってくれます。非公開求人があったり、企業の内情に詳しかったりするので、あなたが望む仕事につける確率が大幅に上がります。

しかも転職エージェントの費用は、採用した企業が払う仕組みです。転職希望者は完全に無料で使うことが出来ます。無料なので、利用することにリスクはありません。どんどん使ったほうが良いでしょう。

いくつかサービスが有るのですが、基本的に超大手のリクルートエージェントマイナビエージェントに登録しておけば間違いありません。

IT系に行きたい人は、ITに特化したワークポートにも登録してみましょう。

定番の転職エージェント

まとめ

仕事を面白くするには自分自身を見つめ直し、現状を好転させる努力することが大切です。

ですが、自分の努力だけではどうしようもないこともたくさんあるでしょう。僕は歯を食いしばって頑張っているのに、会社や上司のせいで報われない人を見るたびに早く転職してほしいと思います。

きちんと考えた上での転職は逃げではなく勇気ある決断です。世の中には仕事を楽しんで、給与もしっかりもらって、休みもしっかりしている会社だってあるんです。

転職すれば解決出来る可能性があるなら転職するべきです。

どうしても迷ったら、「このままこの仕事をしながら生きて最後の瞬間には何を思うか」を想像してみるとよいでしょう。そこであまり良くない感情が浮かぶようでしたら何かを変える必要があります。

今しかない大切な時間をつまらないと思って過ごすのではなく、思いっきり楽しめる人生を歩むために、自分がするべきことはなんなのか?すぐに答えは出なくても、毎日ちょっとでいいから考えて行動をしていく。

その積み重ねの先にはきっと今よりよい人生が待っているはずです。

-仕事・転職

Copyright© マネトラ , 2019 All Rights Reserved.